50代の肌に必要なのは弾力|基礎化粧品で対策をする

肌の水分は20代の半分

ベースメイクアイテム

化粧品は有効成分で選ぶ

50代の肌は20代のころと比較して水分は半分以下になっています。しれに加えて長い間浴び続けた紫外線の影響など肌にとっては深刻な状況です。ブランドなどで選ぶ化粧品では肌の老化を止めることはできません。肌の老化を防止する有効成分が配合された基礎化粧品を選択することが大事なのです。50代に必要なのは水分です。そのためセラミド配合の保湿対策をしっかりと行うことが重要です。基礎化粧品に含まれるコラーゲンは保湿成分としての役割しか果たしません。肌の弾力を維持するためにはビタミンC誘導体が配合された基礎化粧品を利用すべきなのです。乾燥が気になる肌に刺激成分は逆効果になります。できるだけ肌に優しい成分の配合が重要になります。

日常生活にも気を遣う

肌のターンオーバーが遅くなることに加えてホルモンの分泌量が40代と比較しても少なくなる50代には、肌の活性化を助ける成分が必要になります。そしてこれ以上の紫外線などの外からの刺激を食い止めることが何より大事になります。基礎化粧品に有効成分の配合されたものを使うだけでなく、日常生活の紫外線対策もないがしろにしてはなりません。日傘や防止などを活用し、日中は外に長い時間いないなど生活上の対策も認識していく必要があります。さらに食生活にも気を遣う必要があります。肌のターンオーバーを助けるのは食事です。内面から肌を活性化させるためにもバランスの取れた食事を心がけることが大事です。そして飲酒や脂の多い食事などをできる限り避けることが50代の肌を維持する秘訣になります。